ロベルト・ロッカ教育プログラムは、アルゼンチン、ブラジル、コロンビア、インドネシア、メキシコ、ルーマニア、ベネズエラの有名大学卒業者に特別研究員の資格を与え、その学生が選択する外国大学における材料科学、機械工学、化学工学、電気工学、石油工学(有資格条件を参照)を含む特定の分野の博士号取得を資金面で援助します。

対象者は、毎年およそ12名から15名の新規研究員を予定し、特別研究員(研究奨励金の対象者)の選考は、主催企業の上級マネジャーから成る当プログラムの科学委員会が行います。

ロベルト・ロッカ特別研究員には2年にわたり、授業料、その他関連費用および生活費のために授与されます。授与額については候補者の財政的状況に左右


 

In the News